うなぎを存分に味わう為に美味しい食べ方を把握しよう

うなぎの美味しい食べ方を紹介!~素材の選び方から調理方法まで~

うなぎとあなごの違いを徹底比較!

うなぎは降河性回遊魚

ウナギ目ウナギ科のうなぎは、海で産卵し孵化後に河川などで成長する回遊魚です。黒色の体に尻尾の先が丸い形をしているのが特徴です。

あなごは海で過ごす海水魚です

ウナギ目アナゴ科のあなごは、生まれてから一生海で過ごす海水魚です。褐色で尻尾の先がとがっています。栄養はうなぎより劣り、見た目味ともにうなぎと異なります。

うなぎの美味しい食べ方ランキング

no.1

白焼きが一番おいしい食べ方です

うなぎをただ焼いただけの「白焼き」の状態が、うなぎの素材の味や身のふっくら感を楽しめるいちばんおいしい食べ方とされています。塩やわさび醤油で楽しむのが通の食べ方です。

no.2

うな重で超シンプルに

定番のうな重は、タレや焦げの味・香りも楽しめます。タレがしみたご飯とうなぎ、肝吸いの三位一体の味を楽しみます。

no.3

ひつまぶしで味のバリエーションを楽しむ

食べ進めるごとに味の変化を楽しめるひつまぶし。薬味のせやお茶漬けなど様々なバリエーションで食べ飽きることなく食べ進められます。

うなぎを存分に味わう為に美味しい食べ方を把握しよう

うな丼

浜松のうなぎを自宅で味わうには

浜松のうなぎを自宅で味わうには、通信販売によるお取り寄せが一番の方法です。好みに応じて「白焼き」「タレ付き」を選んで購入しましょう。真空パックに入って届きますので、電子レンジや湯せんで温めるだけで本場浜松の味を楽しめるメリットがあります。価格帯はサイズによって異なりますが、2枚で6千円程度の予算があれば購入可能です。

養殖うなぎと天然うなぎについて

スーパーで出回る国産うなぎのほとんどが養殖うなぎです。天然うなぎは種の保存が叫ばれており、捕獲に制限があります。日本では口にできる機会はほぼ無いととらえましょう。養殖うなぎはこの数年で養殖方法が確立され量産が可能になりました。川魚特有の泥臭さがなくさっぱりと食せます、また「旬」とよばれる時期はなく、味の変化も見られません。通年安定した香りや風味が楽しめるメリットがあります。