浜松のうなぎを美味しく味わう為の食事マナー

うなぎ屋に行く前に知ってこう~重箱のうなぎを綺麗に食べる方法~

浜松のうなぎの美味しさを引き立てるポイントはココ!

浜松のうなぎは「白焼き」でおいしさを引き出しています。タレにくぐらせたうなぎのかば焼きが一般的ですが、白焼きの場合、わさび醤油や塩のみといったシンプルな味付けで楽しむことができます。

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

「土用の丑の日」にうなぎを食べる文化が定着しています。夏にある土用の時期は、暑さに負けてしまう時期と重なります。この暑さを乗り切るため、「食い養生」の風習に則り体に良いものを食べることが、現在でも受け継がれています。
うなぎは、万葉集の時代から滋養食・夏痩せ(今でいう夏バテ)に効果がある食べ物として知られていました。
土用の丑の日にうなぎを食べることが定番となったのは江戸時代に入ってから。諸説ありますが、狂言師が「土用の丑の日のうなぎを食べる」事を狂言に乗せて宣伝流布したという説もあります。

浜松のうなぎを美味しく味わう為の食事マナー

うなぎ

うなぎに含まれる栄養素

うなぎは「最高の栄養食」といわれるほど栄養がたっぷり含まれています。体をつくるためのビタミンAや、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンEが豊富です。またミネラル分でも元気の源となる亜鉛や骨を丈夫にするカルシウムがたっぷり含まれています。うなぎの脂には中高年の体に必要な「DHA・EPA」が含まれている事も分かり、総合的な栄養食としても注目されています。このところの研究によってうなぎのヌメリには「ムチン」と呼ばれる胃腸の粘膜を保護する成分が含まれていることもわかりました。

うな重を食べる時のマナー

重箱に入ったうな重には食べ方のマナーがあります。蓋を開けた時に漂う香りを楽しむことから始めます。食べ始めは左下の重箱の隅から。重箱の縁を使ってご飯とうなぎをバランス良く取り食べ進めます。肝吸いをすすりながら、米粒も残さぬようにゆっくり食べ進めて行きましょう。食べ終わった後は、重箱の蓋をきちんと閉めることもマナーです。蓋に傷が付かないよう、取扱いに配慮しましょう。