川越の和食店で食事会を開催する際の予約について

食事会の予約をしよう~予約時に伝えておきたい事や配慮したい事~

法事にも利用出来る和食店を選ぶポイント

法事の食事振る舞いに和食店へ移動することがあります。川越などでも法事の帰りに和食店に立ち寄ることがあります。仏事が絡みますので、予約ができ、かつ精進料理を出してくれるお店を選びましょう。

川越の和食店で食事会を開催する際の予約について

食事

和食店の予約をする際の流れ

まずは、食事会の日時を決め、人数確認と把握を行うところから始めます。予約人数が収容できるお店を見つけたら、予約を入れます。お店へは日時と人数、一人あたりの予算を伝え対応可能か確認をします。また来店目的(結婚式・仏事・誕生会など)を伝えるとメニューの内容を配慮してもらえる事もあります。お店から、予約可能であることを確認し、予約作業は完了です。約束通り来店することもマナーです。

ゲストに年配者がいる食事会で配慮しておきたいこと

和食店では、着座・膳方式で食事を食べるスタイルが一般的です。年配者の場合、足腰の具合により正座ができないと言った不都合がある方が見られます。簡易座いすを貸してもらえるか、テーブル形式で食事をとることができるかなど確認しておくとスムーズです。できればバリアフリーの和食店を選ぶとよいでしょう。

懐石料理と会席料理の違い

懐石料理はお茶をたしなむ前におもてなしの意味で出される食事を指しています。茶道から派生した料理ですが、汁と飯を先に出す現在の和食に一番近い形と言えます。
会席料理は、宴席で提供される料理のことを指しています。まずは前菜を出し、締めに汁ものと飯を出します。会席料理の場合、酒の席に出される料理と位置付けられています。

和食店のメニューで見かける水物とは

和食の中の「水物(みずもの)」とは、水分を多く含んだ食べ物の事を指しています。いわゆる食後のデザートで、氷菓や果物、寒天類がこれにあたります。水物がふるまわれたら、宴席もそろそろお開きというタイミングです。これを見計らってお酒を切り上げるよう促す事などもマナーとされています。